髪質改善ガイド

髪質ごと似合うヘアスタイル

直毛の場合

前回のクセ毛と同様に、髪型の似合う・似合わないは本人の雰囲気や顔の輪郭などで変わってきます。ですので直毛の方も同様にこのヘアスタイルが似合う!と断言できるものはありません。しかしそれを踏まえて今回のタイトルに沿ったお話ですが、まず直毛の場合ですと動きのある髪型が作りにくく髪型の選択肢が狭まってしまうという難点がありますよね。そういった難点をカバーしつつ今回のタイトルに沿ったお話をすると、直毛の方の似合うヘアスタイルというよりは直毛の方がしやすいヘアスタイルのお話になってきます。

ですので今回は直毛の方のしやすいヘアスタイルについてお話していこうと思います。 上でも書いたとおり、直毛の方ですと髪にクセがつきにくく、動きのある髪型がつくりにくくなります。そしてそれに合わせて、髪がまっすぐ生えていますのでボリューム感出にくい髪形でもあります。ですのでこれらの難点をカバーするにはウエーブのパーマをかけてふんわり感を出したり、髪のボリュームをアップさせるのが一般的になります。

ですがこれも以前どこかで書きましたが、直毛は髪にクセがつきにくいです。ですのでパーマをかけてもすぐ取れてしまったりうまくかからなかったりします。まあもともとの髪質と真逆な髪型にしようとしたらそれは難しいのも道理ですが、ではどうしたらよいのか、という話になりますね。

ですのでここでは、あえてパーマなど自分の髪質と違うものを選ばないで、ストレートなショート・ボブなどまっすぐな直毛のクセを生かしてする髪形をお勧めします。特に髪のボリュームが出にくい方の場合、直毛のまま長く伸ばすと髪が自重で下に引っ張られなおさらペタンとした印象のボリューム感のない髪型に見えてしまう事があります。

しかしボブなど短めの髪型なら、カットで頭頂部に空気感もつくりやすいですし、元の髪質を生かしたストレートヘアのボブならスタイリングもとても楽です。特に今はストレートヘアで可愛らしいボブカットが色々なヘアカタログに載っていますし、その中から好みのものを見つけやすいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

Copyright (C) 髪質改善ガイド All Rights Reserved.