髪質改善ガイド

髪質と湿気・静電気

髪の静電気対策

前回の『髪に起きる静電気の訳』を踏まえて今回は髪の静電気対策のお話です。髪に静電気が起きてしまうと、スタイリングのしにくさや見た目の悪さももちろんですが、放電により髪の毛も傷んでしまいますし抜け毛や枝毛の原因になります。ですのでできるだけ紙に静電気を起こさないよう対策をしていきましょう。

まず髪の静電気対策として有効なのは髪の保湿です。電気は乾燥した状態だと放電しやすくなりますので、髪に充分な水分を留めさせることで静電気を発生させにくくなるようです。ですので髪を乾かす際やブラッシングする際には保湿系のヘアケア用品を使ってからドライヤーをあてたりブラッシングしてくださいね。またブラッシングする際は獣毛のものや木製のものが静電気が起こりにくくお勧めです。

そしてもうひとつが、加湿器を上手く使う事です。冬など空気が乾燥していると風邪を引きやすかったり喉を痛めたりしますので、部屋に加湿器を置いて空気中に適度な水分を補充している方は多いですよね。私も冬は部屋が乾燥して喉をよく傷めてしまったり、寝る時も上手く寝れなかったりしてしまうのでよく加湿器を利用しています。加湿器を使い適度な水分を補充する事で居心地の良い空間を作る事が出来ますし、空気の乾燥をなくすことで放電も防げます。

それに髪がもともと傷んでいて乾燥していると、乾燥した空気のせいでますます髪の乾燥が進んでしまい髪の傷みもひどくなります。ですので冬場は加湿器を使い部屋の湿度を50~60%くらいに調整して乾燥しすぎないようにしましょう。

以上が静電気を防ぐ為のお話でした。特に髪の保湿はとても大事なので、使用しやすいヘアクリームなどを常備しておいて、髪の保湿をクセ付けて下さいね。

スポンサードリンク

Copyright (C) 髪質改善ガイド All Rights Reserved.