髪質改善ガイド

髪質と湿気・静電気

髪に起きる静電気の訳

冬などの空気が乾燥している時は、ドアノブなどを触ったときパチッとした衝撃を受けてしまいますよね。静電気とは体に残ってしまったプラス電気が乾燥した空気を利用して、接触したほかのものにあるマイナス電気と結合しようとすることから起こります。

場合によってドアノブなど金属部分を触った場合に静電気が起きる時や金属部分でなく他人の服などを触っ場合に起きる時など、静電気が起きる状況は様々です。ですが状況は違えども静電気は全ての人に起きる現象で、違いは放電の強さだけです。そして静電気は体の各部分、もちろん髪にも起きます。

ではそこでなぜ髪に静電気が起きるのか、ですが髪に静電気が起きてしまう理由は髪同士の摩擦で髪の毛が帯電してしまうせいなのです。ですので髪の静電気は防ぎにくいものですが、髪質によって静電気がおきにくい髪と起きやすい髪があり静電気が起きやすい髪は『乾燥していて傷んでいる髪』なんです。これは上で書いた乾燥した空気を利用して放電する仕組みと同じですね。髪が乾燥していることで電気が放電しやすい環境が出来ているのです。

そして髪が静電気を起こしている時に気になるのが、髪の膨らみです。静電気を起こしている髪は、プラスチック製のブラシで髪を梳かしているときにパチッを放電してしまう事がよくありますが、何も触っていないのに髪が静電気で膨らんでしまう事もありますよね。これは髪がプラス電気に傾きやすい性質のせいで、プラス電気に傾いてしまった髪同士は反発しあい髪が膨らんでしまうのです。

ここまで読んでいただけると髪の静電気の原因が髪質によるものが大きいとお分かりいただけたと思うのですが、では静電気を起こさない髪にするにはどうすればよいのでしょうか?その答えは次回、『髪の静電気対策』でお話しますのでよければそちらも読んでみて下さいね。では。

スポンサードリンク

Copyright (C) 髪質改善ガイド All Rights Reserved.