髪質改善ガイド

髪質と湿気・静電気

湿気が多いとなぜ膨らむ?

今回は髪質・髪型の悩みの中でも根深い悩みである『湿気』と髪のお話です。梅雨の間や雨の日にはどうしても髪が膨らんでしまい、スタイリングがしにくくセットした髪も崩れやすいですよね。これは男女・年齢問わずほとんのどの方が体験された事がある悩みだと思います。一度湿気で髪が膨らむと中々落ち着きませんし、何とかスタイリングしても雨が止んで湿気が収まらない限り髪は落ち着きません。ですので何とか湿気がひどい日でも髪を落ち着かせる方法が無いものかとお思いの方も多いでしょう。

しかしその『何とか』を考える前に、まずはどうして湿気がひどいと髪が膨らむのか、根本的なところから考えて見ましょう。 ではまず髪の構造のお話から始めますが、皆さんご存知のように髪には『キューティクル』と呼ばれるうろこのような形状をした髪の表皮にある繊維で、またの名を『毛表皮』とも呼ばれているものがあります。

このキューティクルが髪の内部にある水分や栄養分を外に逃がさないよう守ってくれるのですが、様々な要因によりキューティクルが剥がれてしまう事があります。こうして出来上がるのが痛んでしまった髪なのですが、この傷んだ髪というのが湿気により膨らんでしまう髪なのです。

そこでなぜ髪の傷みにより湿気の多い日などは髪が膨らんでしまうのかですが、キューティクルが剥がれてしまいキューティクルとキューティクルの間に隙間が出来る事により空気中の水分が隙間から髪の内部に入り込みます。そうすると髪が水分を取りすぎた状態になってしまい、髪の内部にある『コルテックス』と呼ばれるたんぱく質の繊維の水分バランスが崩れ髪が膨らんでしまうのです。

ここまでが髪が湿気により広がってしまう理由になります。これを読むと髪が膨らまないようにするには髪の傷みをなくし綺麗なキューティクルを維持することが大事だと分かっていただけると思うのですが、一度失われたキューティクルは完全には元の形に戻りません。ですのでキューティクルを補修しながら髪が湿気により膨らまないよう対策を練る事が、髪の膨らみを防ぐ現実的な方法になります。 というところで次回は髪が湿気により膨らんでしまわないようにするための対策方法のお話をします。お暇な時にでも是非読んで行って下さいね。

スポンサードリンク

Copyright (C) 髪質改善ガイド All Rights Reserved.