髪質改善ガイド

髪質と湿気・静電気

ブラッシングで膨らみ対策

湿気による髪の膨らみを防ぐ為の方法、第一弾は『ブラッシングで膨らみ対策』です。髪のブラッシングは、髪の傷みをひどくしてしまうという認識の方も多く居るようで、何を隠そう私もそう思っていました。ですが正しいブラッシング方法と、髪にあったブラシを使うと髪を傷ませてしまうどころが髪の傷みを防ぐ事が出来るのです。

ではその正しいブラッシング方法ですが、まずブラシを選ぶことから始めます。ブラシは色々な種類のものがあり、一般的なナイロンで出来たものや木製のもの、獣毛で出来たものなどよりどりみどりです。その中から、より髪に良いものを選ぶのですがここでのお勧めは先端が尖っていなくて目の粗いブラシで、獣毛や木製など天然の素材のブラシです。天然の素材を使ったブラシですとブラッシングしたときに起きてしまう静電気で髪を傷める事が無く、切れ毛や枝毛の予防にもなります。

ただ注意点が一つだけあり、それは獣毛のブラシは髪の傷み具合によってはかえって髪を傷めてしまうということがあります。獣毛のブラシに使われている動物の毛にはも元々キューティクルがついており、そのキューティクルにより髪に自然な艶感が出るのと獣毛は一本一本が細いので一度のブラッシングで髪をしっかり捕まえ、綺麗に均してくれるので髪にはとてもよいブラシなのです。ですが髪の傷みがひどい場合は、獣毛のブラシは毛の数が多く、摩擦が多い事からかえって髪を傷めてしまう事があるのです。

ですので髪の傷みがひどい方は、木製などのブラシで目の粗いものを選びましょう。 次にブラッシングの方法ですが、頭皮にブラシを当てないように毛先からゆっくりとブラッシングします。途中髪のもつれがあったら髪を引っ張らないよう片手で髪を持ってゆっくりともつれを取って下さい。そうして毛先のブラッシングが終わったら最後に髪の根元を梳かしましょう。

では最後になりますが、なぜブラッシングが湿気対策になるのかのお話です。ブラッシングには髪の流れを一つの方向に整える効果があり、それと同時に髪の水分量を毛先まで一定にする効果があります。ですので髪の膨らみの原因となる水分量のバランスが整い、髪が膨らみにくくなるのです。 ですので湿気の多い日に髪が膨らんでしまう人は、キューティクルの補修と共に髪のブラッシングも試してみてください。きっと良い効果がありますよ。

スポンサードリンク

Copyright (C) 髪質改善ガイド All Rights Reserved.