髪質改善ガイド

自分でするクセ毛の改善

頭皮の汚れを溜めない

普段の生活によって溜まる頭皮や毛穴の汚れは、健康な髪を育成する事を妨げると共に毛穴を防いでクセ毛の悪化を起こしてしまうこともあるとても恐ろしいものなのです。 以前どこかでお話しましたが、クセ毛が生えてくる理由の一つには毛穴に溜まった汚れのせいで毛穴が塞がってしまい、新しく生えてくる髪の毛が塞がってしまった毛穴の形に影響を受けてクセ毛となってしまうこともある、という事がありますね。また頭皮の汚れは放っておくと毛穴詰まりや頭皮の炎症を起こしてしまい健康な髪の成育を阻害してしまいます。ですのでクセ毛対策には健康な頭皮&毛穴の環境を維持する事が大事なのですが、ではその為にはどういったところに注意すれば良いのでしょうか?

そこでまず考えられるのが『整髪剤などの頭皮への残留』という注意点ですね。これは整髪剤を使ったことのある方はほとんど思いつくことだと思います。クセ毛の方にとっても髪のスタイルを整える整髪剤はとっても大事なものなのですが、整髪剤は朝つけて洗髪する夜までの間に外のほこりや汚れなどを吸着してしまい、夜になるととっても髪がベタベタしてしまっている場合が多いですよね。髪がベタベタしていると気持ちが悪いですから、整髪剤をつけた日は特に念入りに洗髪をすると思うのですがそれでも残ってしまう汚れは意外と多いのです。

ですので整髪剤の汚れを頭皮や毛穴に蓄積しないためには、まず整髪剤を使う時は頭皮にできるだけ付かないようにして使うという事を注意して使用してください。

次に注意すべき点として『シャンプーのしすぎ』があります。一日仕事や学校などで動き回っていると頭も汗をかきますし、夜には髪がべたついて気持ち悪くなる事って良く有りますよね。頭が汗をかいたままにしておくと気持ち悪いですし臭いも気になります。ですのでシャンプーは汚れや汗を洗い流すためにとっても大事な事なのですが、洗いすぎも良くないのです。

過度なシャンプーをしていると、シャンプー液が頭皮に残り炎症や毛穴の詰まりを引き起こしてしまったり、シャンプーのしすぎによる皮脂の過剰除去によって本来頭皮を外部の刺激から守るはずの皮脂まで除去されてしまい、紫外線やチリ・ホコリからのダメージを頭皮がダイレクトに受けてしまう場合もあります。 ですのでこれらの、整髪剤やシャンプー液による頭皮や毛穴の汚れを溜めない・過度な洗浄は危険という事に気をつけて頭皮や毛穴の環境を整え、これから生えてくる髪を大事にして下さいね。

スポンサードリンク

Copyright (C) 髪質改善ガイド All Rights Reserved.